読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Watch ・・・もう無理すんな。

先日表参道に行く機会があったのでApple Storeで話題のApple Watchみてきました。やはり時計ということで画面は小さく、いつもスマホを触っている自分にとってはアイコン(でいいの?)を的確にクリックするのは難しく感じました。それでもさすがにApple製品で、少し触ると何を弄ればどう動くかはなんとなく理解できました。慣れるのは難しくなさそうです。

私が気になったのは、製品自体よりも展示している机に備え付けられたディスプレイでした。私の操作に合わせて表示内容が変わり、製品機能について説明してくれるのです。おそらくApple Watchと他のデバイスとの連動性の高さを有効活用したのでしょう。これを見て私は「よし、絶対Apple Watchは買わないぞ」と心に決めて店を後にしました。

 

せっかくの新製品に対して否定的なことは申し上げたくないのですが、情報端末である製品が自分自身の機能を説明するのに別のデバイスを必要とするという本末転倒に残念な思いが込み上げてきたのです。確かに小さな製品ですので、何かしら大きな大きなディスプレイでの説明は必要ですし、Apple Watchのコンセプトとして他のデバイスとの連携を前提にしているので単品だけで評価するのは公正ではないと思うのですが、なんと申しますか、美しくないのです。

 

思い起こせばiPhoneは美しかったと思います。もちろん製品だけの話ではありません。そこには並々ならぬ垂直統合への確信が根底にあったと思います。そこに至るまで、OSをUNIXベースに作り直し、CPUを内製化し、iTunes Store商流を整備し、開発ツールを無償で提供しつつもアプリの内容を完全にコントロール下に置き、労働者を管理して供給を安定させ、人間工学の粋を集めたインターフェースを提供してくれました。オープンな仕様が全てを解決するという信仰めいたものが一挙に蹴散らされたことを記憶しています。

 

さて、くだんのApple Watchですが、その奥に積み重ねられたものが見えないんですよね。なんとなくウェアラブル端末ということで、視覚や触覚とは別のインターフェースを提供しようという試みは感じられるのですが、それが今まで築いてきた垂直統合の技術的な体系から見ると鬼子であるような気がします。この違和感に拍車をかけているのが、なにやら高級ブランド志向みたいな演出です。Apple社って根底にヒッピー文化があったんじゃなかったんですかね?バーバリー着て脈拍測りながら反戦フォークソング聴くのが今の流行りなのでしょうか?なんと申し上げればよいのか、美しくないです。

 

最近様々なメディアでApple Watchに関する提灯記事を目にしますが、さすがに読み手からみても「ライターさん苦労しているな」という感じが拭えきれません。本当はどう思ってるのか話して欲しいです。もう無理しなくていいんじゃないですか?

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ