アイドルマスターミリオンライブ!を「勉強」しました

ソーシャルシスマ後のアイマス世界

アイドルマスターがコンテンツ提供の主軸を据置機からソーシャルゲームに移行するに伴い、初代13名体制から打って変わって多数のアイドルが生まれることになりました。その過程でコンテンツはシンデレラガールズとミリオンライブが両輪となり、プロデューサーも新しい担当アイドルを追うように二分されてしまったように思えます。

私自身は本来であれば貪欲に両者を追って行きたかったですし、そうしたいプロデューサーも少なくなかったのではないかと思います。でも実際どうでしょう?有限な個人のリソースの中で片方を追うのが精一杯なところもあり、両方のコンテンツを追えなくなった人が多いのではないでしょうか?

個人のリソースもありますけど構造的な問題もあるでしょうね。デレマスはキャラクター自体を重視する人、ミリマスはコミュニティを重視する人、といった感じに分たれたのだと思います。話題としたい内容も被らないので、これがデレマスとミリマスのコミュニティの疎結合化をもたらす原因となっているのではないかと思うのです。

私自身はデレマスに流れた方ですが、どうもミリマスが嫌いなわけではないのにミームのレベルでしかミリマス側の事情を伺い知る事ができなくなってきました。それも何だか寂しいので、少しはミリマスの「勉強」をしてみたいと思ったわけです。なんといっても、もうすぐミリシタの配信が始まりますからね。デレステだけしか知らなくてアイマスを語るのはフェアじゃない気もしますんで。

教典を求めて

まずは原典から。ということで、借りて視聴しました。こんなところでいいかなと。

この程度で勉強が足りないとかパワハラしないでね。興醒めるから。

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 02 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 03 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 04 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 05 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 06 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 07 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 08 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 09 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 10 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 11 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 12 アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 13 アイドルマスター ミリオンライブ!

まずCDの内容自体ですが、上手く出来ていると思いました。歌の合間にMCを入れる形式を採用することで持ち歌を披露するとともに各アイドルの属性も描き出せるというわけです。初代を各CDに登場させる事でスムーズな移行ができるよう配慮されています。

ただ、暫くデレステの世界にいてシアターの文化に触れていなかった自分が面食らったのは彼女達が等しい立場で会話していることでした。まあ、考えてみれば上下関係なんてあっても邪魔なだけなのですが、自分の中では初代の活躍で765拡大の基盤ができ、その後で新規アイドルが参加して来たという文脈で捉えていたので、逆に最初は距離があってそれを埋めてく話になるのかと思っていました。これはまた違う世界線の話なんですかね。というか、昔の設定を無視して最初から全員いるみたいな捉え方の方がいいんでしょうね。

そんなに違和感はなかった

視聴前は、全然捉え方を間違えているアイドルがいるのではないかと心配していましたが、ネット界隈で伺い知るアイドルの属性とCDで表現されている彼女達にそれ程ギャップは感じませんでした。皆キャラ崩壊を回避してオリジナルの属性を支持してくれているんでしょうね。それよりもミリマスは酔狂なイベントで盛り上げているらしいので、コンテンツとしてキャラクターをチューニングする必要性も低いのでしょう。これは私のような後発組にとって安心できる要素なのではないかと思います。

結局は勉強不足

このブログは視聴三週間後に書かれています。一通りCDを視聴した後で振り返り新しくプロデュースしたいと思うアイドルはいなかったというのが正直なところです。ミリシテではコミュもあるらしいので、気に入る子が発見できるとは思うのですが、やっぱり一曲と小話だけでは何も分かりませんね。まあ、勉強が足りないということですが、デレステアイドルには一度で心を掴む強力なフックを持ったアイドルが何人かいたりするので、物足りなさはありますね。

そして最後に他力本願

そもそもアイマスに「勉強」って何だという話ですよね。そして物足りないという私に怒りをもって担当アイドルの魅力を語ろうとしている君。そう君だよ君。アイマスというコンテンツの原動力はアイドルの魅力について語るプロデューサーの情熱だと思うのです。これからデレシテでシアターに関心を持つプロデューサーが増えるだろうし、大いに自分の担当アイドルの魅力を新規さんに語って欲しいわけです。

先輩風が鼻につくったって先輩なんだから。担当アイドルの知られざる魅力に最初に気がついた奴が偉いんですよ。

 

なんだかまとまんないけど、1年近く投稿してないので、今日はここまで。

【シンデレラガールズ】この曲をこの男性アーティストにカバーして欲しい#2

続いちゃったよ。

coilsblog.hatenablog.com

 では、前回同様に分る人にしか分らないであろうラインナップでお送りします。

 

Memories → KinKi Kids

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 02 MemoriesΦ【完全初回限定盤】(DVD付)

f:id:coilsblog:20160705025910j:plain

脳内再生のポイント:アンニュイな感じで歌い出し「さよならだね」からばしっとのハモってくれる感じで。

 

お散歩カメラ → カジヒデキ

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 025高森藍子MINI SKIRT

f:id:coilsblog:20160705025924j:plain

脳内再生のポイント:サビの部分もあえて抑え気味に淡々と。

 

Trancing Pulse → CHEMISTRY

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 05fo(u)r

f:id:coilsblog:20160717025835j:plain

脳内再生のポイント:3人の曲ですがCHEMISTRYなら2人で十分。冒頭から完璧なハモリを見せつけてくれるでしょう。できれば5人で歌って欲しいな。

 

つぼみ → エレファントカシマシ

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Absolute NineSTARTING OVER

f:id:coilsblog:20110930121246j:plain

脳内再生のポイント:「小ぃさぁなぁー光ぃおぉー」と魅力的な宮本さんの擦れ声で響かせてくれるでしょう。個人的にデレマスで一番好きな曲。こういう切ない曲が何故だかデレマスは強い。

 

-LEGNE- 仇なす剣 光の旋律 → 河村隆一

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 03 -LEGNE- 仇なす剣 光の旋律Sora

f:id:coilsblog:20160717025811j:plain

脳内再生のポイント:「瞬くそぉらぁにぃぃぃ」とカメラ目線で歌う隆一兄貴。自分の曲にしてしまうんじゃないでしょうか。

 

ミツボシ☆☆★ → 福山雅治

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 015 本田未央THE BEST BANG!!(Best inst集6曲CD付)(DVD付)(初回限定盤)

f:id:coilsblog:20160705025934j:plain

脳内再生のポイント:サビの前に腕を振り上げて観客を煽る姿を思い浮かべてください。っていうか福山のアニキには他にも歌って欲しい曲がいっぱいあるんですけどね。

 

おねだりShall We〜? → キュウソネコカミ

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 007 前川みくチェンジ ザ ワールド(初回限定盤)

f:id:coilsblog:20160705032155j:plain

脳内再生のポイント:オリジナルよりテンポ早めで。「今夜のおかずはハンバーグかな・・・そうじゃねぇぇぇぇぇ!!」と存分にアレンジしてもらいましょう。

 

Orange Sapphire → TUBE

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 001RIDE ON SUMMER(初回生産限定盤B)(DVD付)

f:id:coilsblog:20160717025752j:plain

脳内再生のポイント:サビの前に観客を煽りまくる前田。「もぉすぅぅこしぃぃぃシンンデエレエラアァパァァワァァー」とたっぷりめに熱唱してくれるでしょう。

 

あんずのうた → 神聖かまってちゃん

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 002 双葉杏知恵ちゃんの聖書

f:id:coilsblog:20160717025742j:plain

脳内再生のポイント:ってか、これ歌えるのの子しかいねえ。もう楽曲の形を成す必要なんてないのでシャウトしまくって欲しい。

 

Romantic Now → 郷ひろみ

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 017 赤城みりあIRREGULAR(初回生産限定盤)(DVD付)

f:id:coilsblog:20160705030838j:plain

脳内再生のポイント:「R・O・M・A・N・T・I・C、GO!

 

つづかない!

【シンデレラガールズ】この曲をこの男性アーティストにカバーして欲しい#1

単なる思い付きです。アイマス初見さんガン無視のハイコンテクストでお届け致します。

315プロも泣いて逃げ出すSランクが勢揃い。まずは10曲。脳内再生でどうぞ。

 

S(mile)ING! → Mr.Children

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 010 島村卯月Kind of Love

f:id:coilsblog:20160702161717j:plain

脳内再生のポイント:歌い出しは初期ミスチルな感じで。「今更なぁぁんーてなぁぁい」とマイクに向かい声を絞り上げる桜井氏の表情を思い浮かべてください。

 

Never say never → GLAY

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛MUSIC LIFE (2CD豪華盤)

f:id:coilsblog:20160702174956j:plain

脳内再生のポイント:「※振り返らず前を向いて、そして※沢山の笑顔をあげる」※部分はTERUが両腕を左右に広げるポーズ。ここでカメラがズーム。

 

You're stars shine on me → 平井堅

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 024アナスタシアFAKIN' POP

f:id:coilsblog:20160702174954j:plain

脳内再生のポイント:難易度の高い曲ですが「だぁきぃしぃめぇてええええ」の高音も堅さんならバッチリ。何も心配せず聞き惚れましょう。

 

熱血乙女A → 西城秀樹

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 016 日野茜HIDEKI 70’S

f:id:coilsblog:20160702224017j:plain

脳内再生のポイント:「全ンン身 全ンン力 全ンン然 ゥオッッケェィー」と終始ノリノリで歌ってくれるでしょう。この曲の後はHIDEKI with L.M.B.G.がお届けするヤングマンです。

 

風色メロディ → 山崎まさよし

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 023緒方智絵里ONE KNIGHT STANDS

f:id:coilsblog:20141222143140j:plain

脳内再生のポイント:ライブで観客が静かになるのを待った後、何の曲紹介もなくか細い声で「うまれたての風が〜」と歌い出したところで観客から拍手が起こる。二回目のサビで感情を込めてくる展開。

 

Hotel Moonside → 井上陽水

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 034速水奏UNITED COVER

f:id:coilsblog:20160702174955j:plain

脳内再生のポイント:「今夜、今夜、今夜〜〜」不思議な雰囲気を持つこの曲も井上陽水さんなら歌いこなすでしょう。淡々とした調子で歌うと逆に雰囲気が出るのではないでしょうか。

 

花簪 HANAKANZASHI → 氷川きよし

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 029小早川紗枝きよしのズンドコ節

f:id:coilsblog:20160703005623j:plain

脳内再生のポイント:きよしがいたらそこが巣鴨だ。「い〜ま〜コンチキ〜(観客:キヨシ!!)コンチキ〜(観客:キヨシ!!)」。

 

ましゅまろ☆キッス → 所ジョージ

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 008 諸星きらり安全第二

f:id:coilsblog:20160702184846j:plain

脳内再生のポイント:「まっしゅまーろっほっぺっ」とおちゃらけた感じで歌ってくれるはず。(てか、この曲が似合う男性アーティストこの人しか思いつかねえ。)歌い終わった後に「訳分んないよね、この歌」と言って司会者を困らせるところまでがお約束。

 

メルヘンデビュー! → 中居正広(SMAP)

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 018 安部菜々Smac

f:id:coilsblog:20160702191151j:plain

脳内再生のポイント:「ウサミンパワアでえ゛え゛え゛え゛え゛え゛」

 

DOKIDOKIリズム → 岡村靖幸

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 005 城ヶ崎莉嘉早熟

f:id:coilsblog:20160702174957j:plain

脳内再生のポイント:岡村靖幸に不可能はありません。キレッキレで乙女心を歌い上げてくれるでしょう。「トゥ、トゥ、トゥトゥトゥ、つきあってぇ~(はぁいはぁぁぁい!)」

 

 

・・・つづく?

coilsblog.hatenablog.com

 

社会人の無課金ユーザはこんなふうにデレステで遊んでいる

主語が大きいタイトルなんですけど私個人の体験談です。でもみんな似たり寄ったりじゃないかな?皆さんのプレースタイルもブログに書くなりツイートしてくれたらいいなと思います。

前提条件

基本的にあたくし真面目な社会人のつもりです。そんでもってどうにもこうにも忙しい。波がある仕事なので毎日というわけではありませんが、終電の中でノートを打鍵することもあったりなかったり。それでも週末は普通に休めるので、なんとか保ってる感じかな。なんなのこの人生。

それでもデレステをやります。息抜きとして本当にちょうどいいんですよね。

あたくしストイックなプロデューサーでもあります。お金で楽をしては達成感が薄まるので自分にとって課金は意味がないわけです。とはいえ無課金の私なんかよりも課金ユーザの方がデレステの発展に寄与しているのは間違いないので、課金されているユーザには感謝申し上げたい所存です。

マイルール

これだけ制約があると当然トッププレイヤー達とは埋められない差が出てきます。ここで他人との対抗心に捉われるとソーシャルゲームの罠にまんまと嵌ります。これに対処するには自分がデレステで遊ぶ上でのマイルールを定めそれを達成できるかどうかに焦点を合わせるしかありません。私のマイルールをリスト化するとこんな感じです。

  • 課金しない。
  • 就業中にデレステを起動しない。昼食中、休み時間、移動時間も含む。
  • 貸与されたアイドルはレベルと親愛度を最大にする。
  • イベントは10万位以内の入賞を目標とする。

これだけです。

このルールを守ると、ゲームができる時間は平日であれば帰宅から就寝前までの時間と起床から出勤前までの時間となります。必然的にイベントで入賞を果たすには週末で走る事が重要となります。しかし折角の週末をゲームだけで潰すのも無為ではあるので、出かける時間帯を決めてプレイするペースを調整したりします。

こうした社会人プレイヤーにとってはスタミナやポイントを数倍のペースで消化できる機能はとても有り難いわけです。

あと、どうしても仕事やプライベートで用事が出来た場合には、早々にイベントの入賞を見送りする決断も大切だったりします。例えばゴールデンウィーク期間中のイベントですが、当初から競争の激化が予想されたことと、数日に渡る旅行の計画があったので、最初から断念しました。

どこぞの自己啓発本ではありませんが、「何をしないか」をはっきり決める事がデレステで遊ぶコツなのではなのかなと思うわけです。

星は週末に砕ける

デレステの華はイベントです。

デレステのイベントも回数を重ねているので、経験則的に入賞に必要なポイント数には予想がつけられます。これに平日に稼げるポイント数を見積もり、その差分を週末に埋める事が私にとっての勝負となります。集中できる時間帯を確保し、貯蔵していたスタドリを全て空け、それでも足りない場合は星を割ります。安全圏まで伸ばしてようやく一安心というわけです。

しかし、この星を割るという行為、無課金ユーザにとっては辛いものです。当然ながらスタージェルは貴重なガチャの原資で、しかも簡単に得られる消費アイテムではありません。それでも割る事ができるのは、マイルールという行動基準があってこそです。

これだけ苦労して集めるスタージェルなので、ガチャを廻すこと自体で十分な達成感を得ています。

この先どうなるか?

こう振り返ってみると、無課金ではあるものの、多くの時間を割いてますね。でも、これには気軽に起動できるデレステの軽快さが寄与していると思うのです。おそらく、運営側のミスでデータが消えたり、無課金ユーザに対する理不尽なルールが摘要されたりしなければ、デレステは続けると思います。

 

さて皆様はいかがでしょうか?

 

 

アイマスと転職と

はてなにホットエントリーしているブログでたまに退職の報告があるので、はてなブログを使っている手前、私自身の転職について書いておこうと思います。
いつどの会社からどの会社に転職したのかは申し上げられないのですが、今回の転職は自分にとって大きなチャレンジでした。元の会社は割とやりがいも給与も申し分なかったのですが、やはり自分の成長を考えると現状に甘んじることが逆に大きなリスクになると思い、勝負に出ることにしました。
給料はある程度増えたのですが、仕事時間も割増、責任やプレッシャーは軽く二倍。果たしてこれからどれだけできるのか分かりませんが、自分の人生ですので自分を信じてみることにします。

 
趣味のアイドルマスターもいい加減に辞めなきゃいけないのかなと、憂鬱な考えも浮かんだりするのですが、何度考えてもアイマス界隈の創作は好きなので、これもなんとか時間を作ってこっそり続けたいと思います。こんなこと考えるまでもないのが一流のプロデューサーなのだと思いますが、私はまだまだのようです。
 
今回の転職に際して思い出すのがスティーブジョブスのスタンフォード大学の卒業式スピーチであった「点と点をつなぐ」のくだりです。
あまり自分の過去話をしても詮無き事なのですが、子供の頃に背伸びして読んでいたビジネス書や小説、無理して聴いてた英文ニュース、独学していたプログラミング、そんなものが今になって絡まり合って、今では私の生活の糧となってくれています。
そして、私に足りていなかった「点」を与えてくれたのが、なんと、アイドルマスターでした。(なんて書くとこれ以上成長しないことになっちゃいますが)
アイマスの紹介で「主人公はプロデューサーとなり――」という文章を見かけたりしますが、これは誤った説明だと思います。主人公はアイドルであり、プロデューサーは脇役です。アイマスの革新はプレイヤーが脇役であることにあります。
いかに我の欲望を満たすためだけに生きることが恥ずかしいか。
社会人になりたての頃は身を立てるのに必死で、クライアントのためを考えられていなかったと思います。でも、今では自分のことなんて、後でいいやと思うんです。